2014.10.15

工場見学に行ってきました!

先日、千葉県香取市に新しくできた工場を見学してきました。

DSC_0700

そこは、1924年、東京都江戸川区に創業したカットソー生地メーカーの『小野莫大小工業(小野メリヤス)』の工場。

あまり会社名が表に出ることがない生地メーカーの中で、この会社は知る人ぞ知る、すごい会社なのです。

『小野莫大小工業(小野メリヤス)』は、編み針や編み機などの機械設計から、生地作りに欠かせない重要な糸作りまですべて自社で行うという、一貫した生産体制を築いています。

その環境下で生まれたのが、静電気や繊維の毛羽によってくっつき合う「ファスナー現象」を解消した生地「コズモラマ」です。

 DSC_0691

「コズモラマ」は、化学薬品は一切使用せず、毛焼きと特殊な糸撚りを施したもので、綿100%でありながらシルクのような光沢感をもち、ハイゲージで編み立ててもドレープ性を損なわず、見た目にも美しい生地に仕上がっています。そのため、使用されるのはカジュアルアイテムのみならず、ドレス用の生地としても採用されているほど優れた生地です。

2005年には特許を取得し、パリの国際生地見本市「プルミーエール・ヴィジョン」に出展すると、世界トップクラスのファッションデザイナーたちがこぞって注目しました。

『小野莫大小工業(小野メリヤス)』は、今や海外のファッション産業を支えるメーカーのひとつとなっています。

DSC_0699DSC_0697

日ごろ、デザインや色、形にばかり目が行きがちな私たちですが、肌に直接触れるものは本当に良いモノを選びたいもの。

『小野莫大小工業(小野メリヤス)』の品質の高さは、「人の心に驚きと感動、幸せ感をもたらす本物の“ものづくり”」を企業理念に掲げる、同社のこだわりの表れなのです。

 

今後はメリヤス生地メーカーとしてだけではなく、2年前に設立したファクトリーブランド『smoothday(スムースデイ)』からさまざまな商品も発売される予定。

これからの季節は、肌への刺激も少なく、肌なじみのよいウールのアンダーウエアに注目です。

 

※写真を撮っていて気が付いたのですが、もしかして、機械フェチかも。滅多に見ることのない機械のかっこよさにちょっとしびれました。

 

★ファクトリーブランド『 smoothday(スムースデイ)』

http://smoothday.jp/

LINEで送る